Q.子供でもむち打ち症になるの?

こんにちは!むち打ち治療協会の広報担当のナオルです!
本日は、子供を心配するお母さんからの疑問についての解説していきたいと思います。

ご質問はコチラは

Q.子供でもむち打ち症になるのでしょうか?

A:はい、子供でもむち打ち症になります。

 

このような質問をお母さん方からいただく事あがりますが、答えは「YES」です。
実際、追突事故などの交通事故によって、子供がむち打ち症を発症した例は多々あります。

ただ、子供のむち打ち症は、組織の柔軟性が高いのため、大人のむち打ち症に比べて見極める(早期発見)のが難しいのが特徴になります。

また、子供ならではの注意点も多いのです。

例えば、未就学児は、自分の気持ちがうまく伝えられず、たとえ痛みがあったとしても痛みを訴えることが困難です。

そのために、病院や治療院に行かないため、適切な検査や治療ができません。

そうなると痛みが長引いてしまいます。場合によっては、頭痛や倦怠感、痺れなど、嫌な症状を一生背負っての生活になることもあります。

また、小中学生の場合ですとパターンが変わります。

1人で出かられるような年齢になると、多少痛くても動いてしまうことがあります。

なので身体に違和感があったとしても、体育の授業や、部活動、そして友達と遊びなどで、無理な動きをしてしまうのです。

お子さんに、「やめなさいっ!」、「じっとしてて」などと言っても、無駄に思えることがありませんか。

この無理な動きにより、重症化するケースも珍しくありませんので注意が必要です。

子供の”むち打ち症”は治りやすいが、中には後遺症が残るケースもある!

稀に親御さんで、「子供のむち打ち症は治りやすいから」と言って、治療や検査を受けない場合があります。

これは、とても危険な勘違いになります。

むち打ち症を軽く考えてしまうと、先ほどお話したように、後遺症となり後悔するケースがあります。

もちろん中には、本当に早期に治ってしまう事もありますので、これが目を曇らせるのでしょう。

ですが、軽視したことよって、後遺症などが残ってしまうのと、多少面倒でも検査を受けて安心するのと、どちらがよいでしょうか。

子供のむち打ち症は軽視せず、必ずむち打ち症の専門医のもとで検査、もしくは治療を受けていただくことが、子供の未来を守る事にもなります。

また子供のむち打ち症だからと言って、特別な治療法になるわけではありません。

治療に関しての処置は大人と同じにはなります。

急性期はアイシングとカラーで固定するなどして、絶対安静となります。

その後、初期の痛みが引いて来たら、徐々に頸椎の動きをつけます。

後遺症が残らないように注意しながら、可動域(身体の一部が、問題なく動くことのできる範囲や角度)を広げていくようになります。

ただ症状によっては、治療方法が変わりますので、必ず、むち打ち治療の専門家の治療を受けていく事をおすすめします!

むち打ち治療協会が認定する専門家はコチラから

関連記事

  1. 治療機関の特徴や違いと、それぞれの利点を良く知ろう!

    治療機関の特徴や違いと、それぞれの利点を良く知ろう!

  2. むち打ち症」は、正しい治療をすれば改善できる!

    「むち打ち症」は、正しい治療をすれば改善できる!

  3. 5つのタイプがある、むちうち症

    5つのタイプがある「むち打ち症とは」、 その種類と症状の違い

  4. 病院・整形外科と、接骨院・整骨院を併診するのが理想

    病院・整形外科と、接骨院・整骨院を併診しよう

  5. そもそも「むち打ち症」とは?

  6. 治療のスタートは、「リラックス」から!