むち打ち症で引き起こされる様々な症状

むちうちの診察

むち打ち症は、症状が悪化してしまうと、自律神経失調症などの障害も起きてしまう

今までお話ししてきたように、むち打ち症は状態によっては、単純に首の痛みだけでは終わらないこともありますので軽視できません。

頭痛や肩コリ、背中の痛みを慢性的に感じたり、目眩、吐き気、慢性疲労などが自覚症状としてあったら、すぐに医療機関で受診して下さい。

症状が悪化してしまいますと手や足が不自由に感じるようになったり、自律神経失調症などの精神的な障害まで引き起こされることも懸念されます。

最悪のケースでは寝たきりになってしまう危険性もあります。

首は、神経の中枢センターである脳に直結しているため、様々な症状が引き起こされる

では、なぜこうした症状が起きるのでしょうか?

それは、むち打ち症というのは、頚部の筋肉や靭帯・関節包の損傷によって引き起こされるもので、頚項部筋肉の痛みによって首を前後左右に動かすと激しい痛みを感じます。

しかし、同時に首の上半分は、神経の中枢センターである脳に直結しているため、状態によっては、目眩、自律神経失調症やうつ病、パニック障害など、首の痛みとは一見関係がないかのようにみえる症状が引き起こされてしまうのです。

間違って別の病名で 診断されてしまう 怖さもある!

診察 分からないむち打ち症の症状で最も訴えが多いのは、”首の痛み”、になります。

しかも、自覚症状(痛みや病気にかかっている者に感じられる症状)として現れるのに、時間がかかること多々あります。

一般的には、首への衝撃(交通事故、追悼事故など)を受けてから2~3日後から、人によっては1週間後ということもあるようです。

これが診断を迷わせる原因の1つになっているようです。

というのも、痛みを感じた本人も、頭痛、目眩、吐き気といった症状の原因が、数日前の交通事故によるものとの認識がない場合も多く見受けられます。

このような症状で病院に向かった場合、ほとんどの方が内科を受診されてしまうのです。

ですから医師の方も、診察のキーワードは「頭痛」、「目眩」、「吐き気」といった症状からの診断をされ誤解が生まれ、最悪の場合、むち打ち症とは全く別の病名で診断されてしまうこともあるのです。

交通事故に遭われた場合は、その日に病院、接骨院へと受診されることをお勧めします。

早いうちに適切な処置を行わないと、後遺症が残ってしまうことも!

その上、頭痛やうつ症状を抑えるための薬を処方されれば、一時的には症状は回復したかのように思えてしまいます。

しかし、それは薬の作用によって症状が抑えられているのであって、根本的回復ではありません。

また、自律神経失調症や、うつ症状などの精神的な苦痛は、周囲の人になかなか理解してもらえません。

そればかりか、「なまけ病」「仮病」などと言われて、精神的にも追い詰められてしまうことになってしまいます。

特にこうした症状は医学的に証明することも難しく、回復の進行状況も本人の自己申告によってしか判断することができないのです。

ですから、適切な処置や手当てがなされないまま、時間だけが過ぎていってしまうので、早いうちに正しい診断と適切な治療を行わないと後遺症として残ってしまうことがあります。

このような状況を回避するためにも、むちうちに関して専門的な知識、そして経験をもった治療院で受診することをお勧めしています。

関連記事

  1. Q:スキーやスノボでも、むち打ち症になるの?

  2. むち打ち治療協会が認定する院では、どのような施術や検査を行っているのか

  3. 病院・整形外科と、柔道整復師の施術は、ここが違う!

    「むち打ち」治療の専門家と言えるのは誰?

  4. そもそも「むち打ち症」とは?

  5. どんな治療家でも、治る気がない人は治せない

    どんな凄腕な治療家でも、治る気がない人は治せない

  6. Q.子供でもむち打ち症になるの?