Q:スキーやスノボでも、むち打ち症になるの?

この時期といえば、スノーボードやスキーが楽しめる時期ですよね。

自然の中をササッー、ササッーとスピード感がたまらない、冬を代表する魅力的なスポーツです。

また家族でも楽しめるのも特徴です。お父さんが子供に教えているのを見ると微笑ましく思います。

さて、こんにちは!むち打ち治療協会の広報担当のナオルです!本日は、そんな魅力的なスノースポーツの疑問について解説していきたいと思います。

ご質問はコチラは

Q:スキーやスノーボードで、むち打ちになることってありますか?

A:じつは・・・なります。

 

意外かもしれませんが、スキーやスノボの怪我でむち打ち症は2番目に多いと言われています。因みに一番は、手関節の靭帯損傷になります。

もしスポーツに詳しい方でしたら、あれ?と思うかもしれませんね。本来スポーツと言えば、足首の捻挫が多いですからね。

ただスキー、スノボのどちらも足首を頑丈なブーツで固定されているために、足首に怪我をされる方が少ないのが特徴になります。

しかしその分、他の部位が危険という事になります。

まず初心者の方でしたら手首に気を付けましょう。

始めのうちは、オロオロと立つこと始まります。ただ立ったはいいが勝手に滑だし、ブレーキできず転倒することが多いと思われます。

ですから、転んだ時に手を着くことが頻繁になりますので始めのうちは、手首の捻挫が多くなります。

その後ある程度の実力になると、スピードが乗り始めます。

この時期が、とても楽しいかもしれませんね。

ただ危険率がググっと上がります。

この慣れたころが怪我の危険性が高くなります。

これを読んでいる方も経験あるかと思いますが、気づいたらスピードが乗りすぎていて制御ができない!!ってこと。

その後、ギャーっという声と共に、ドテ~~ンと転倒します。

大抵の場合は、直ぐに立ち上がれると思います。

しかし、人によっては大胆な転び方をして痛めてしまうケースがあります。

特に、段差があるところでの転倒は、非常に危険で怪我する可能性が高くなります。

また、転倒以外よりも危険視されtれいるのが衝突事故です

衝突といえば障害物になります、例えば、建物や柱、木々など色々あります。

ですが、一番は多いパターンが人との衝突です。

衝突パターンは、自分から突っ込んでしまう場合、または、向こうから追突される場合がありますが、むち打ちの場合、特に追突には気を付けたいです。

車での事故と同じ解釈で、人は無防備な状態から追突されますと、首が鞭のようにしなって、むち打ちとなる可能性があります。

ですので、後方にも、横からにも注意し追突されないように気をつけたいところです。

また怖いのが、”むち打ち”と気づかないケースです。

そう、気づかない!これが、むち打ちのあるあるです。


むち打ち症の特徴として厄介なケースが、直ぐに痛みがでるのではなく、あとからジワジワと痛くなる場合です。

プレイ中は、楽しい気持ちで興奮していますので、痛みに鈍感になりやすいのです。こうなりますと中々痛みには気づけません。

その後、夕食時や帰宅してから痛みに気づくのです。

実は、むち打ちとは、頸椎捻挫と言われており、捻挫の分類になります。つまり簡単に言ってしまうと、むち打ちとは首の捻挫なのです。

また捻挫には大小さまざまなケースがあるように、首の捻挫にもそれが当てはまりますので、痛みの度合いも多種多様です。

という具合に、むち打ち症となる原因は交通事故だけとは限りません。

スキーのようなレジャースポーツや、転倒、衝突などにより、むち打ち症になることがあるので覚えておいてくださいね。

また、遊園地のアトラクションが原因で、むち打ち症のような症状が現れることもあります。

もし首に違和感や痛みを感じた時は、我慢せず、必ず受診するようにしましょう!早期発見が早期回復に繋がります!

関連記事

  1. むちうちの診察

    むち打ち症で引き起こされる様々な症状

  2. 病院・整形外科と、柔道整復師の施術は、ここが違う!

    「むち打ち」治療の専門家と言えるのは誰?

  3. むち打ち症」は、正しい治療をすれば改善できる!

    「むち打ち症」は、正しい治療をすれば改善できる!

  4. 脳脊髄液減少症とその現状

  5. 「むちうち症」を治すには、「○○」という気持ちが大切!

  6. 行動を少し変えるだけで、回復力を上がって、やりたい事ができる!