病院・整形外科と、接骨院・整骨院を併診しよう

病院・整形外科と、接骨院・整骨院を併診するのが理想

レントゲンなどの検査を受けておくことは、「後遺障害診断」のためにも大切

こんにちは!むち打ち治療協会の広報担当のナオルです!
むち打ち症とは捻挫の分類に入るため、柔道整復師の施術が適正であると話してきました。

このように言い切ると、病院や整形外科(医療機関)は、むち打ち症に対して何の得手(得意とすること)もないように思われがちですが、レントゲンやMRIなどの検査技術には優れています。
検査機器の充実という点では、素晴らしい医療機関であると言えます。

特に交通事故の場合、「後遺障害診断」を受ける際には、後遺症認定されるための大事な診断基準にもなりますので、こうした病院や整形外科(医療機関)で検査を受けておくことは大切です。

検査後の治療は、接骨院・整骨院に一日の長がある

あなたが初めてケガをして、どこに行ったら良いかがわからなければ、まず、第一候補は病院や整形外科でしょう。
レントゲン等の検査によって、骨折しているかどうかの視覚的な診断をスムーズに行なうことができるからです。

しかし、前述したように、むち打ち症などの捻挫系のケガは、こうした検査では異常が認められないことが多いため、その後の治療に関しては、接骨院・整骨院に一日の長がある、と言うことができます。

接骨院・整骨院でも自賠責保険は使える

このように、レントゲンやMRIなどの検査においては、病院や整形外科などの医療機関が優れていて、その後のむち打ち症の治療には、接骨院・整骨院が適しているということがお解かりいただいても、まだ保険の適用などの問題で不安を抱かれる方が多いのではないでしょうか?

通常、交通事故に遭ってしまって治療をする際には、多くの場合、加害者側の自賠責保険を使って治療をすることになりますが、治療院(接骨院・整骨院)でも自賠責保険を使っての治療は可能です。

さらに、通院のための交通費はもちろん、慰謝料や休業損害の請求も可能です。
さらには、一般の健康保険を使うこともできます。
この保険に関することは、「交通事故の保険や損害賠償の豆知識」で詳しく説明していきます。

病院・整形外科と、接骨院・整骨院を併診するのが理想

こうしてみますと、むち打ち症の治療は、検査は設備の整った病院や整形外科に任せ、その後の治療は、接骨院や整骨院などの治療院で行うことが回復への近道であるといえます。

しかし、自動車保険を取り扱う損害保険会社は、医師の診療を優位に見ることや、万一後遺症が残ってしまった場合の「後遺障害診断書」は医師にしか書くことができないため、治療院で治療を行いながら、定期的に医師の診断を受けることが理想的といえます。

関連記事

  1. 行動を少し変えるだけで、回復力を上がって、やりたい事ができる!

  2. 「むちうち症」を治すには、「○○」という気持ちが大切!

  3. Q:スキーやスノボでも、むち打ち症になるの?

  4. 治療のスタートは、「リラックス」から!

  5. 治療機関の特徴や違いと、それぞれの利点を良く知ろう!

    治療機関の特徴や違いと、それぞれの利点を良く知ろう!

  6. そもそも「むち打ち症」とは?