今日は、6月7日は「む(6)ち打ち治(7)おそうの日」!

皆さん、”むち打ち症”って聞いたことありますか?

世間では、
「交通事故で首が痛い・・・これって”むち打ち”かな?」
といったように、追突事故に一番多いケガで知られています。

そして、

「むち打ち症は治りづらい」、
「後からまた痛くなる」という

ネガティブなイメージもあるようです。

 

しかし、正しい診断と正しい治療によって多くの症状は改善します。

なぜ?って・・それはむち打ち症を正しく理解すると分かります。

 

むち打ち症は、正式には”頚椎捻挫”と言って捻挫の分野になります。
捻挫は、靭帯や筋肉などのレントゲンに写らない組織が損傷してしまうので、
発見がおくれたり、なかなか回復しないことで知られています。

そこでお勧めしたいのが、筋肉の専門家である柔道整復師の治療です。

実際、頚椎捻挫で苦しんでいた患者さんが回復し、健康な身体へと取り戻しています。

この事実を多くの人に知っていただくことで、

むち打ち症で苦しんでいる人に正しい情報が届き、
健康と安心をプレゼントできると信じて啓発活動し続けています。

実際、きちんとした手当てすれば、ほとんどの症状が改善するので、

あきらめずに治療しましょうと呼びかける日として一般社団法人むち打ち治療協会が制定しました。

 

日付は6と7で「む(6)ち打ちをな(7)おそう」という語呂合わせで、

皆さんに覚えてもらいたいと願いを込めています。

 

また、より多くの人に知っていただくためにも、むち打ち治そうの日(6月7日)を記念し、

毎月7日も”むち打ち治そうの日”として活動しています。

 

そして毎年6月7日には”いいとも”で有名だった新宿のアルタ前と認定院内のイベントを続けています。

残念ながら、2018年からは会場の改築で中止になったけど、各治療院のイベントは開催しています。

 

むち打ち治療協会認定院では、うちわ配布のイベントを実施!

うちわは、女性方はもちろん、男性にも利用していただけるようなオリジナルデザインとなっています。

サイズにも拘り、一回り小さいサイズのうちわを採用しておりますので、女性やお子さんに「持ちやすい、使いやすい」と、とても好評です。

もちろん、インスタ映えも間違いなしです!お子さんに持たせての写真が可愛いくてたまりません。

通常400円以上する、うちわですが、協会が認定している治療院では貰えるので、治療院に伺ってみてください。

 

 

このイベントを通じて、
交通事故のケガや、むち打ち症で苦しんでいる方が減る事が願い活動します。

≪知って欲しい、新事実!≫

①むち打ち症は、専門家から正しい治療で良くなる!
②脳脊髄液減少症という、むち打ち症に似た症状の病気がある!
③交通事故による法律(保険屋とのトラブル)は、専門弁護士に相談!

うちわの配布は各認定院で異なるため、下記のページでもチェックしてみてください!

イベントの詳細情報や情報は下記のページをチェック!

むち打ち治療協会facebookページ

「む(6)ち打ちな(7)おそうの日とは?」

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る