本日、6月7日は「むち打ちなおそうの日」です。

本日は、(社)むち打ち治療協会の全国の認定院にて、「うちわプレゼント」とイベントを開催しています!
そこで今回は、「むち打ちなおそうの日って?」をご紹介します。

6月7日は「むち打ちなおそうの日」

「むち打ちなおそうの日」の由来

「むち打ち症は癖になる」
「あとからまた痛くなる」
というようなイメージがあるようです。

しかし、むち打ち症(頸椎捻挫)は確かな技術と知識を持った筋肉の専門家である柔道整復師の手当を受ければ改善することができます。

そのことを多くの方に知っていただくために、(社)むち打ち治療協会では、日本記念日協会より6月7日を「む(6)ち打ちな(7)おそうの日」とする、記念日認定を受けました。

 

むち打ち治療協会認定院では、うちわ配布のイベントを実施!


むち打ちなおそうの日当日は、全国の認定院で、むち打ち治療協会オリジナルのうちわとむち打ちなおそうの日に関するリーフレットを配布するイベントを開催致します。

(社)むち打ち治療協会は、全国の治療院でイベントを開催することで、「交通事故の治療は、整骨院や接骨院で行える」ということを患者さんに伝えていただき、どこでむち打ち症の治療をしたら良いのか悩んでる方へ情報を届けるきっかけになると考えています。

 

注)治療院によって、開催日程が異なります。また、プレゼントうちわの在庫は無くなり次第終了となりますので、ご了承ください。

「ただのむち打ちだから大丈夫」は大きな間違いです!

むち打ち症は、早期に正しい治療を受けないと、後遺症が残ってしまう場合があります。

軽い事故などの場合、数日か、それ以上経ってから症状が現れ、痛みが次第に強くなっていくケースが少なくありません。

手の痺れ、手の震え、頭痛、肩こり、目眩、吐き気、倦怠感などさまざまな症状が現れてくることもあります。

そのような不快な症状がなかなか治らずに長年の後遺症に悩むことになってしまいます。

このような、むち打ち症の症状の現れ方の特徴や、早期に的確な治療を受けなかったために症状が長引いてしまうのも、むち打ち症で悩む人が増えている理由の一つにあります。

交通事故に遭ってしまって、どこで治療を受けたら良いのか、悩んでいませんか?
交通事故に遭ってしまって、ひどい頭痛やめまいなどに苦しんでいませんか?

「ただのむち打ち症だから大丈夫!」ではありません。
むち打ち症は、早期に正しい治療を受けることが、早期回復への一番の近道です。

(社)むち打ち治療協会は、むち打ち症で苦しむ患者さんの笑顔の為に活動をしている集団です。

一人で悩まず、私たち(社)むち打ち治療協会の認定院にご相談ください。

 

イベントの詳細情報や最新情報はこちらから!

む(6)ち打ちな(7)おそうの日公式ページ

む(6)ち打ちな(7)おそうの日公式facebookページ

──────────────────────────────────────────────────────────

▼年間4000人の方が健康と笑顔の生活を取り戻しています。
あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/

▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る