【むち協交通安全クイズ】自動車が運転中にスリップしてしまった!正しいのはどれ?

(社)むち打ち治療協会では、5つの約束のひとつに交通安全0活動を掲げ、
会員治療院での交通安全ポスターを掲示を推奨しています。

(社)むち打ち治療協会の5つの約束はこちら⇒

本日は、交通安全ポスターからご紹介させていただきます!

Q.自動車が運転中にスリップしてしまった!正しいのはどれ?

雪が降ったあとや、路面凍結している道路を走行中、自動車がスリップしてしまいました。
もっとも正しい対処方法は、次のうちどれでしょう?

①ブレーキを思い切りふむ

②流れに身を任せる

③ハンドルを進行方向に切る

A.③ハンドルを進行方向に切る

ステップ① アクセルは踏んだままで戻さないようにする

ステップ② スリップしている方向にハンドルを切る(カウンターステア)

ステップ③ スリップが収まったら、ハンドルをゆっくり正面に戻す。

★スリップ対策のポイント

積雪・凍結道路を走る際、タイヤをスタッドレスタイヤに交換するのはもちろん、
「急」の付く操作(急発進・急ハンドル・急ブレーキ)を出来る限りしない運転をこころがけましょう。

≪参考資料≫
雪道の運転ではどんなことに注意すればよいのですか?(JAF ホームページより)

──────────────────────────────────────────────────────────

▼年間4000人の方が健康と笑顔の生活を取り戻しています。
あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/

▼患者様からのお問い合わせフォームはこちらから
http://mutiuti.jp/form/goikenUser/form.cgi

▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る