Q.まだ治療を続けている最中に、「今月で治療費を打ち切ります」 と連絡がありました。

今回は交通事故に関するQ&Aをお届けします!

Q.まだ治療を続けている最中に、保険会社から「今月で治療費を打ち切ります」との連絡がありました。
せっかく良くなりかけている時なのに、困ってしまいます。
どうしたら良いのでしょうか?

A.「もう治療費を絶対に支払わない」という言葉通りの意味ではありません。
自分一人で判断せずに、治療家の先生と相談しましょう。

283765

むち打ち症の治療を続けていってある期間が経過すると、保険会社の担当者から、「一般的にはもう治っている時期なので、今月で、あなたの治療費の支払いを終了します」というような連絡を受けることがあります。

これが、一般的に「打ち切り」と呼ばれているもので、多くの人はこうした連絡があると、もう治療費を払ってもらえないと思い込んでしまい、せっかく回復に向かっているのにも関わらず、自ら治療を止めてしまう方もいます。

しかし、こうした連絡の本当の意味は、「保険会社としては、事故から一定期間が経過したため、仮に、治癒したか、もしくはこれ以上の改善は望めないと判断して、いったん治療費の支払いを止めますが、後で治療が必要であるとわかった時には、その分の治療費用も負担します」という意味あることがほとんどであり、決して「もう治療費を絶対に支払わない」という言葉通りの意味ではありません。

もし、こうした連絡が来た場合は、自分一人で勝手に判断せずに、治療家の先生と相談して、治療効果が上がっているのならば、そのまま治療を継続しましょう。

保険会社の声に惑わされずに、自分自身の健康を取り戻すことを最優先に考えて、治療に専念して下さい。

<参考記事>
保険は無限に面倒を見てくれるものではないことを理解しよう ⇒ 

──────────────────────────────
▼あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/
▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る