交通事故によるケガの場合、健康保険は使えるのか?

本日は、「交通事故によるケガの場合、健康保険は使えるのか?」をご紹介します!

交通事故によるケガの場合、健康保険は使えるのか?

交通事故でも健康保険を使えます!

よく寄せられる質問の中に、「健康保険は使えますか?」とか、「交通事故の場合、健康保険と、自由診療のどちらが良いですか?」といった内容のものがあります。
結論からいえば、交通事故でも健康保険を使って治療することは可能です。
一般的に、整形外科などの病院で自由診療での治療を受けた場合、たとえ治療内容が同じだとしても、その治療費は、健康保険を使用した場合より高額になります。
一方、柔道整復師の施術の場合は、基本的に健康保険を使ってできる施術の適用範囲が限られているので、自由診療で受けられる施術と健康保険で受けられる施術とでは内容が異なってきます。

健康保険での治療費は、自由診療より低額。
だけど、治療できる範囲が限られてしまう!?

一般的に、加害車両に任意保険がついていない場合、被害者の損害(治療費、休業損害、慰謝料など)は自賠責保険によって賄うことができます。
しかし、自賠責保険の傷害部分の限度額(後遺障害は別の限度額が設けられています)は被害者1人に対して120万円までとされているので、自由診療だと健康保険を使った場合より治療費が高額なってしまい、治療費以外の休業損害や慰謝料にあてられる保険金が目減りしてしまい、十分な賠償が受けられなくなってしまうケースがあります。
そのようなケースが予想される場合は、最初から健康保険を使って治療を受けるという選択肢もあります。
しかし、改善しにくいむち打ち症を改善するのに有効な施術は健康保険の適用外なので、自由診療でしか受けることができません。
ですから、(社)むち打ち治療協会では、自由診療で最高の手当てを受けることが早期回復の近道であるために、自由診療を受けることを推奨しています。

健康保険を使うことのメリットとデメリット

では、健康保険を使うことのメリットとデメリットはなんでしょう?
メリットは、自由診療での治療より少ない費用で済むという点です。これは,前述のような加害者が任意保険未加入の場合や,患者さんにも過失がある場合に有効です。

デメリットは、健康保険での治療では施術方法が限られてしまうので、治療にかかる期間が長くなってしまうという点。また、痛みの中には、健康保険を使った施術では取りきれない痛みもあるという点です。

結果的には、やはり自由診療のほうが費用を抑えられるという意外な面も

健康保険を使用した場合、確かに、治療費については抑えられるかもしれません。
しかし、治療費のことだけを考えるより、自由診療を使って「早く確実に良くなる!」ことを考えた方が、結果的に患者様の体の負担や精神面での負担が少なく済みます。
そもそも、お金のことばかり考えて、肝心の体が回復しないのであれば、治療を受ける意味がありません。
また、費用の面から見ても、自由診療で治療を受けて早期回復することができれば、その間にかかる交通費や通院日数も短縮でき、職場や学業への復帰も早まり、結果的に費用を抑えられる場合もあるのです。
結局、自由診療を使って一日でも早く元の元気な体と笑顔の暮らしを取り戻すことが最善の選択であると考えられるのです。

まとめ

・加害車両が任意保険に入っていない場合は、健康保険を選択したほうが良い場合がある

・健康保険を使用する場合、各回の治療費は自由診療と比較して低額だが、治療範囲が限られているために、回復に時間がかかるケースが多い。

・自由診療を使用する場合、各回の治療費は健康保険と比較して高額だが、専門家の最高の手当てを受けることができるため、回復が早まり、職場や学業への復帰が早めることができるので、結果的に費用を抑えられることになる。

────────────────────────────────
▼お近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/
▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る