むち打ち治療協会「むち打ち症の患者さまへ」

トップ > むち打ち治療協会 > NO不正請求!

当たり前だけど、大事なこと。
当協会の柔道整復師は不正請求はいたしません!

現在、新聞やテレビで取り上げられている柔道整復師による「不正請求」。以下のような事例が「不正請求」にあたります。

【架空請求】
実際には来院していないのに、患者様が来院したことにして療養費を請求する
【過剰請求】
実際には施術を受けていない部位を水増しして療養費を請求する。または、実際には来院していない日を、来院したことにして来院日数を水増しし、療養費を請求する

一部柔道整復師によるこのような不正行為が、テレビや新聞に取り上げられることで、現在、一般社会から柔道整復師業界の信頼が損なわれるという現象が起きています。大変残念でなりません。 (社)むち打ち治療協会へ入会している先生方は、入会前にきちんと面接を行い、また入会後も「不正請求を行わない」という誓約書を提出しております。 また、不正請求の事実が発覚した場合は即刻退会という厳しい措置を取り、社会的信頼にこたえています。

正しい「知識」の習得が不正請求を減らす1つの道

交通事故によるむち打ち症の療養費請求に関しても、不正請求の話を多く聞きます。その要因の1つに一部の柔道整復師が保険請求の正しい知識をもたないまま、施術にあたっていることが挙げられます。
正しい知識をもたない治療院で交通事故治療を受けると、保険会社から過剰療養、過剰請求を疑われるという事が起きかねません。

協会では、認定院の先生方に患者様と柔道整復師、保険会社の3者の関係性を理解していただき、基本的な法律の知識を習得するよう指導を行っております。

指導内容の一例
  • 病院や保険会社とのコミュニケーション方法指導
  • 施術証明書の書き方の指導 交通事故における保険の知識のセミナーの開催
  • 患者さまへお渡しする「交通事故治療の流れ」セットの提供

むち打ち症で悩む患者様に最善のケアを受けていただくために

むち打ち治療協会は、むち打ち症で悩む患者様に早期に適切なケアを受けて頂くために活動しております。私たちは、

  • 病院や整形外科での初期検査と定期的検査
  • 柔道整復師による患者様ひとりひとりに合わせた施術
  • 保険会社と柔道整復師、病院との密接なコミュニケーション

の3つがそろって初めて、患者様が安心して治療に専念できると考えております。 むち打ち治療協会の会員の先生方は、その3つをクリアし、たくさんの患者様に健康と笑顔をプレゼントしております。
どうぞ安心して認定院をお選びください。

患者様、保険担当者様からのお問い合わせはこちらから

当協会では、協会や会員の先生への質問やご相談を受け付けております。治療内容や方針、療養費に関する疑問やご質問等も受け付けておりますので、こちらのフォームよりお寄せください。

お問い合わせされる方 患者様保険会社・代理店その他
お問い合わせの対象は
どちらですか?
(社)むち打ち治療協会協会会員その他
お名前
電子メール
お住まい
お問い合わせ内容
協会からの回答 必要 必要なし
関連項目
治療院を探す。お近くの認定院を検索します。
患者さまの声
check!重要!交通事故の注意点