むち打ち治療協会

トップ > むち打ち治療協会 > 「むち打ち治療協会」って? > 推奨者コメント

推奨者コメント

山王病院脳神経外科副部長 高橋浩一先生より一言

むち打ち治療協会を推薦します。

 むち打ち治療協会は、交通事故に起因するむち打ち症治療を専門としています。
むち打ち症を克服するためには、医療、理学療法の施術は必須ですが、それ以外にも医師や法律家をはじめとする様々なサポートが大変重要です。むち打ち治療協会は、これらの点を非常に重視し、活動をされている団体です。

 また、むち打ち治療協会は学会や研究会に積極的に参加し、さらに協会としてセミナーを定期的に主催して医療機関と連携をとりながら、むち打ち症に関する最新の知識を得て、患者さんの症状の改善を図るように努めています。

そして、私が世話人を務める脳脊髄液減少症研究会との関係では、 認知度の低い脳脊髄液減少症に早くから注目され、毎年、むち打ち治療協会の会員の先生方向けの学術セミナーを開催し、数多くの脳脊髄液減少症に関する 調査を行い、さらに幅広く一般の方に呼びかける啓発活動をされました。 そして脳脊髄液減少症の認知度向上、そしてブラッドパッチ療法の保険適用に際しても、多大なるご尽力を頂きました。

それから交通事故では、示談交渉など事故後に困難な問題が起こる場合が少なくありません。時には、治療以上に難しい法律上の問題などに発展することがあります。これらの問題に対応するために、むち打ち治療協会では、交通事故専門の弁護士と顧問契約を結び、交通事故後遺症問題の行政書士とも業務提携しています。

 さらに会長の柳澤氏は4度の交通事故でむち打ち症を患われ、肉体的にも、精神的にも苦しまれましたが、ご自身の経験から治療、法律の問題に加えて、治癒にはメンタルの問題が重要と考えておられます。従って協会の会員はメンタルトレーニングを学ばれるなど、患者さんの心の部分のサポートも重視しています。

 このように、むち打ち治療協会認定治療院は、患者さんに対し、様々な点からの支援をしており、治療成績向上に励まれています。

私は以上の理由から、むち打ち治療協会を推薦します。

山王病院脳神経外科副部長 高橋 浩一


高橋 浩一 プロフィール

1965年 宮城県仙台市生まれ
1981年 練馬区立大泉西中学校卒業
1984年 東京都立富士高等学校卒業
1990年 東京慈恵会医科大学卒業、
    東京慈恵会医科大学脳神経外科研修
1991年 東京慈恵会医科大学脳神経外科入局
    臨床に加え、中枢神経系発生学・奇形学を研究
2000年 川淵賞
    (小児脳神経外科学会年間最優秀論文)を受賞
2000年 医学博士修得
2000年、2001年 ロサンゼルス小児病院/南カリフォルニア大学留学
        主に脳脊髄循環生理学を研究
2001年 東京慈恵会医科大学脳神経外科 小児脳神経外科部門診療医長など
2006年 順和会 山王病院脳神経外科 脳脊髄液減少症の診断・治療に携わる
2008年 「脳卒中後遺症・脳脊髄液減少症・
    むち打ち症患者のための病に打ち克つメンタル強化法」(蜜書房)を出版
2010年 順和会 山王病院脳神経外科副部長 現在に至る

医学博士、日本脳神経外科学会専門医・評議員、
小児神経外科学会会員、日本プロボクシングコミッションドクター

ホームページ  http://www.takahashik.com

ロイス N.クルーガー氏から柔道整復師の皆様へメッセージ

各種セミナー

柔道整復師の皆様へ

皆様のビジネスが成功し続けることを祈っています!

心から望んでいる願いを達成できますように。

皆様の家族、皆様ご自身の幸せを願って・・・・・

心を込めて ロイス 2011.01.10


【ロイス N.クルーガー氏のご紹介】

各種セミナー

世界で2,000万部超のベストセラーであるビジネス書「7つの習慣」の研修プログラムの開発にあたり、フランクリン・コヴィー社の共同創業者の一人。
英文ビジネス雑誌で最大手のフォーチュン誌発表の上位500起業の80%以上で指導経験があり、80カ国のべ4,000社を超える起業に、生産性向上のマネージメント作りや、幹部のリーダシップトレーニング等に従事する。
2009年9月には日本での待望の初著書『8つの鍵~究極の富と幸せの原則~』 がアマゾンランキング総合第1位となり、そのやわらかい物腰と深い洞察力、 数多くの経験や知識から世界中のエグゼクティブから、若手の起業家まで絶大なる信頼と指示を得ている。

「8つの鍵®」の著者 ロイス・クルーガーオフィシャルサイト

関連項目