むち打ち治療協会

広報活動

むち打ち治療協会では、協会知名度向上の一環として雑誌や書籍を利用した広報活動を行っています。

広報活動(書籍掲載事例)

2012/07/25 ひーりんぐマガジン「正しい交通事故対応法」取材記事

柔整師を対象として発刊されるひーりんぐマガジンに、当協会代表理事の柳澤正和がインタビューを受けた模様が、2012年7月25発刊の「ひーりんぐマガジン36号」に特集記事として紹介されました。

施術者として、交通事故患者として経験した立場から「正しい交通事故対応法」と題し、柔整師と交通事故患者の関係性について伝えると共に、整骨院・接骨院が交通事故患者を扱う場合の問題点についての説明が紹介されました。また、(社)むち打ち治療協会の主催とする社会活動も取り上げられ、6月7日に開催された「むち打ちなおそうの日」のイベントの様子も掲載されました。

2012/03/10 週刊現代「痛みがつらい場合は捻挫のスペシャリストを頼ろう」取材記事

2011年03月10日発刊の「週刊現代」に当協会代表理事 柳澤正和が、「事故に遭ったらすぐ受診!痛みがつらい場合は、捻挫のスペシャリストを頼ろう」と題し、インタビュー形式で「むち打ち症治療」に対する、整骨院・接骨院(柔道整復師)の有用性などをご紹介させて頂きました。


2011/12/10 週刊現代「事故に遭う前に知っておきたい!むち打ち症の基礎知識」取材記事

2011年12月10日発刊の「週刊現代」に当協会の柳澤が、インタビュー形式で「事故に遭う前に知っておきたい!むち打ち症の基礎知識」としましてむち打ち症の治療、病院と整骨院・接骨院の使い分けなど、読者の方へご案内させて頂きました。


2011/ 6/10 週刊ポスト「むち打ち治療最前線」取材記事

2011年6月10日発刊の「週刊ポスト」に当協会代表理事 柳澤正和が、「むち打ち症治療の現状」に関することから協会発足の動機、当協会の認定基準などについてインタビュー形式でご紹介させていただきました。
また、当協会の認定院も併せて掲載し、読者に治療院の情報を提供させて頂きました。

関連項目