自賠責保険と任意保険の違い

こんにちは!
むち打ち治療協会事務局の広報担当の伊藤です。

本日は、「自賠責保険と任意保険の違い」をご紹介します!

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険が使えるのは、人を死傷させた人身事故だけ

187608
自賠責保険は、交通事故に遭ってしまった時に、被害者が最低限の補償を受けられるように、公道を走る全ての自動車やバイクに加入することが義務付けられた保険で、一般に強制保険と呼ばれています。

自賠責保険は、加害者、被害者のどちらからでも請求することができますが、他人を死傷させたような人身事故による損害についてのみ支払われ、物損事故に対しては支払われません。

ただ、被害者に重大な過失があった場合にしか「過失減額」はされないというメリットはあります。

被害者の過失も厳密に算定して過失相殺される任意保険と、この点は大きく異なることとなります。

自賠責保険における「被害者」の定義は「ケガをした人」

216008
さて、交通事故では、「加害者と被害者」という言葉を使いますが、実は、一般的な「加害者と被害者」の意味と自賠責保険の「加害者と被害者」の意味は少し違います。

自賠責保険でいう「被害者」の定義とは、一般的な意味での被害者ではなく「ケガをした人」という意味でこの言葉を使用します。

つまり、その人の過失割合が10割でない限り、一般的な意味での加害者でも、ケガをしていれば、自賠責保険では「被害者」として扱われますので、当然相手側の自賠責保険を加害者が使えることになります。

自分のケガは自賠責保険では補償されない

任意保険とは、加入が法律上義務付けられてはいない自動車保険のことです。

加入するかどうかは、自動車の所有者の意志に任せられており、加入しないことも可能です。
しかし、交通事故が起きてしまった場合、自賠責保険の限度額だけでは賄いきれないことが多い上、自分がケガをした場合は自賠責保険では一切補償されません。

任意保険に加入していないと、自賠責の限度額を超えた場合、自己負担となる

394825
自賠責保険で補償される金額は死亡による損害には3000万円まで、傷害には120万円までがそれぞれの限度額です。
万一、死亡事故を起こしてしまった場合、賠償額が1億円を超えることも珍しくはなく、任意保険に加入していなければ、自賠責保険からの3000万円を差し引いた残りの7000万円は自己負担で支払わなければなりません。
また、相手側に後遺障害が残ってしまった場合、自賠責保険の限度額をはるかに超える高額な賠償金が認められてしまうこともありえます。

自分自身と家族のためにも任意保険にはぜひ加入を!

394805
そんな「自賠責保険」の不足分をカバーするのが「任意保険」です。
交通事故が起きてしまった時に、辛い思いをするのは被害者の親族だけではありません。
加害者本人やその家族もどれほど辛い立場に立つかを考えてみましょう。
確かに、お金で全てが解決できるものではありませんが、それでも保険があることで救われることはたくさんあります。
万一の時に備えて、「任意保険」に加入されることを強くお奨めします。

──────────────────────────────

▼あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/
▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る