• 2018.2.27
  • 治療機関の特徴や違いと、それぞれの利点を良く知ろう! はコメントを受け付けていません。

治療機関の特徴や違いと、それぞれの利点を良く知ろう!

こんにちは!
さて、本日は、むち打ち症の治療をする治療機関の特徴や違いについて、ご紹介していきます!

治療機関の特徴や違いと、それぞれの利点を良く知ろう!

医師免許を持つ「医師」のいる、病院や整形外科

交通事故などによって、俗に「むち打ち症」と言われる「外傷性頚部症候群」になってしまった場合、その治療を受ける機関としてどのような所があるのでしょうか?

まず考えられるのは、一般の病院や整形外科などの「医師」のいる治療機関です。

医学部で6年間医学の勉強をして、医師国家試験に合格した人のみが国家資格者としての医師免許を手にすることができます。

柔道整復師のいる、接骨院や整骨院

 

次に接骨院・整骨院・鍼灸院などの「柔道整復師」や「鍼灸師」などのいる治療機関です。

国が指定した学校か養成施設で3年以上医療の勉強をして、国家試験に合格した人が「柔道整復師」や「鍼灸師」となれるのです。

この他にも「整体院」や「カイロプラクティック」「気功」などがありますが、こちらは民間資格であるため、基準が個々によってバラバラです。

ここでは、主に「医師」のいる病院・整形外科と、「柔道整復師」のいる接骨院・整骨院のそれぞれの特徴や違いをみていきましょう。

病院や整形外科は、検査能力に優れている

 

まず、病院や整形外科は、西洋医学的な方法論に基づいており、さらに、システムがきちんと決まっていて、その中で治療を行っているため、様々な検査によって診断して病名をつけ、その後で理学療法士などがリハビリを行うという分業体制になっています。

しかし、むち打ち症の多くは、検査では異常が見当たらないのに患者さんが痛みを訴えるケースが多いため、西洋医学的アプローチでは適切な治療をすることができなくなってしまうのです。

さらに、整形外科などで一般的に行なわれている療法に「牽引」がありますが、むち打ち症の多くは「首が回らない」のに、牽引は首を引っ張って伸ばす治療になってしまいます。
これでは患者さんが訴えている症状に対応した治療であるとは言えません。

診察者と施術者の二役を担う、接骨院・整骨院

 

次に、接骨院・整骨院などの治療院ではどのような治療を行っているのでしょうか?

こうした治療院では、柔道整復師が問診・視診・触診を入念に行って患者の異常部位を見極めて、そのまま手技療法などで症状に対処します。

ここでは柔道整復師が診察者と施術者の二役を担っているため、素早い対応が可能となります。

病院では初診時で症状が軽くなるということはあまりありませんが、治療院では初日に施術を受けただけで症状が緩和することがあります。

これを東洋医学的な考え方で「診断即治療」といいます。

しかし、治療院にはレントゲンやMRI などの検査機能は無いため、治療院で治療を受ける場合でも、病院などで検査をしておくことは大切です。

では(^^)/

──────────────────────────────────────────────────────────

▼年間4000人の方が健康と笑顔の生活を取り戻しています。
あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/

▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る