「交通事故0」のために、私たちができること

【第58回 交通安全国民運動中央大会に参加して参りました。】

本日、東京都文京区の文京シビックホールで開催された第58回交通安全国民運動中央大会に参加をさせて頂きました。

私たちむち打ち治療協会では、むち打ち症で悩む患者様が治療をすることで、その後の人生を健康と笑顔でお過ごし頂きたく、一般財団法人 全日本交通安全協会などと協力し「交通事故0運動」を推進しています。

毎年、その全日本交通安全協会にご招待を頂き、参加させて頂いております。

大会には、秋篠宮同妃両殿下が御臨席され、
内閣総理大臣をはじめ、参議院議長、
国務大臣 国家公安委員長等の来賓の方々が出席される、国をあげての行事です。

大会概要は
・国歌斉唱
・交通事故犠牲者に対する追悼の黙とう
・全国交通安全協会の今井会長からのごあいさつ
・秋篠宮殿下からおことば
・来賓あいさつ
・交通栄誉賞などの表彰
・交通安全ファミリー作文入選者に対する内閣総理大臣賞の授与

です。

去年の交通事故死者数は、3,694人と
2年連続、4,000人を下回り
「過去最低人数」となりました。

これは、交通安全を呼びかけ、国民の意識が高まっているといえます。
ですが、交通事故死の半数以上が65歳以上の高齢者。

最近は特にその高齢者ドライバーによる事故が、大きくメディアでも取り上げられました。

この交通安全国民運動中央大会の主旨は
「日本を世界一の交通安全大国にする」ことです。

また、今後平成 32 年までに
事故後24 時間以内に死亡する方の数を 2,500 名以下にし、
世界一安全な道路交通の実現を目指して活動をしていく、
という発表がありました。

私たち(社)むち打ち治療協会は、
このような国を挙げての取り組みの大会に招待された重みを
深く受け止め、私たちだからこそできることは何かを考え
会員の先生方、事務局共に、積極的に交通安全運動に参加し、
今以上に、安全な社会の実現に向けて活動をして参ります!

──────────────────────────────────────────────────────────
◆平成29年中の交通事故件数
──────────────────────────────────────────────────────────
≪死者数は2年連続4,000人を下回りました≫
全国の交通事故死者数 3,694人(前年比 -210人)

≪発生件数及び負傷者数は13年連続で減少しています≫
全国の発生件数 472,069人(前年比 -27,132件)
全国の負傷者数 579,746人(前年比 -39,107人)

──────────────────────────────────────────────────────────

▼年間4000人の方が健康と笑顔の生活を取り戻しています。
あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/
▼患者様からのお問い合わせフォームはこちらから
http://mutiuti.jp/form/goikenUser/form.cgi
▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

 

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る