【マンガでよくわかる!】転院の決断が、早期回復につながりました!

(社)むち打ち治療協会では、これまでに多数の書籍を出版しています。
その中の一冊に、「マンガでよくわかる!むち打ち症を治すための8つの鍵」があります。

そこで、数回にかけて、
「マンガでよくわかる!むち打ち症を治すための8つの鍵」から様々なストーリーをご紹介しています。

◆ストーリー1
【マンガでよくわかる!】交通事故に遭ってしまってから、健康を取り戻すまで

◆ストーリー2
【マンガでよくわかる!】交通事故後のしなければならないこと、絶対してはいけないこと

◆ストーリー3
転院への決断が、早期回復につながりました!

▼画像をクリックすると、画面が拡大します。

※1ページ目の7コマめに書いてある「23-29頁のストーリー」は、こちらからお読みいただけます。

ストーリー1でもご紹介させていただきましたが、事故に遭ってしまってから整形外科に治療に通っていても、なかなかよくならない・・・というケースは、少なくありません。

むち打ち症などの捻挫系のケガの治療は、外科的手段によることなく、保存療法という独特の手法によって施術を行い、人間が本来持っている自然治癒力を最大限に引き出して症状の改善を図っていく、柔道整復師の技術が最も適していると考えられます。

交通事故に遭ってしまった直後の検査や、診断書を発行をしてもらうために病院や整形外科への受診は欠かせませんが、その後の治療に関しては整骨院・接骨院で受けられることをお奨め致します。

このストーリーのポイント:接骨院への転院を決意したこと

このストーリーでは、事故後の体調がなかなか改善しないことに不安を感じた患者さんが、友人に相談をし、アドバイスを素直に受け入れ、接骨院への転院を決意した結果、早期の回復につながったということをご紹介しています。

病院・整形外科には病院・整形外科の、整骨院・接骨院には整骨院・接骨院の特徴や違いがあります。
詳細は、「治療機関の特徴や違いと、それぞれの利点を良く知ろう!」「アンケートでわかる「むち打ち治療は病院?それとも整骨院(接骨院)?」」をご覧ください。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る