• 2017.8.25
  • 【お盆休み中、交通事故に遭われてしまった方へ】事故の痛みは時間が経ってからやってくる!? はコメントを受け付けていません。

【お盆休み中、交通事故に遭われてしまった方へ】事故の痛みは時間が経ってからやってくる!?

お盆も過ぎ、暗くなる時間が早くなったように感じます。
調べてみると、7月1日と8月31日の日の入り時間を比較してみると、約50分も早くなるようです。
この時期から、夜の虫の声も聞こえ始め、だんだん秋の気配が感じられるようになってきますね。

夏休み期間中、交通事故に遭われてしまった方へ

このお盆休みを利用して、帰省や行楽地へお出かけになったという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

中には、「今年のお盆休みは、自宅で家族と一緒にオリンピック観戦をしていた!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、今年も全国各地の高速道路や周辺道路では自動車渋滞が発生したという情報があります。

渋滞中は集中力が散漫になり、追突事故などの交通事故が発生しやすくなったり、普段運転にされない方が運転をするために、単独事故や衝突事故を発生しやすいのもこの時期です。

交通事故後、救急車で運ばれるほどのケガの場合を除いて、交通事故に遭ってしまった直後は、体が興奮状態になっているため、痛みを感じにくくなります。

興奮状態が収まった、数日後に身体に痛みが発生する場合は良くあり、症状によっては、交通事故に遭ってから1週間~2週間後に体に不調が庄じる場合もあります。

2~3日後に自覚症状が出れば、「交通事故が原因かもしれない!」とすぐに原因を思いつくかもしれませんが、1~2週間後に自覚症状が出てきた場合、その不調の原因が交通事故であると気が付かない方も多くいらっしゃいます。

過去2週間以内に、交通事故などで首への衝撃を受けた覚えがある場合は、早めに専門家に診てもらってください。

また、お盆期間中に交通事故に遭ってしまった方で、最近身体に不調や痛みを感じている方は、交通事故が原因の可能性があります。

交通事故から期間があきすぎてしまうと、事故との関連性が不明瞭になり、保険会社への請求が認められなくなる可能性もありますので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

なかなか痛みが良くならない場合は、むち打ち治療の専門家を受診しよう

むち打ち症の治療は、病院・整形外科と、 接骨院・整骨院を併診しようで詳しくご紹介していますが、むち打ち症の場合、病院・整形外科と整骨院・接骨院を上手に使い分けて通うことが、回復への近道になります。

検査は、検査技術に優れている病院・整形外科。
治療は、筋肉の専門家で手技に優れている整骨院・接骨院。

というように、交通事故の治療は、病院・整形外科と整骨院・接骨院を併院することが理想のかたちとなります。

もし、交通事故後に病院・整形外科に通っていて、なかなか体調が回復しない場合は、お近くのむち打ち治療専門家にご相談ください。

──────────────────────────────────────────────────────────

▼年間4000人の方が健康と笑顔の生活を取り戻しています。
あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/

▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る