雨天時の交通事故は晴天時の何倍?

(社)むち打ち治療協会では、5つの約束のひとつに交通安全0活動を掲げています。

(社)むち打ち治療協会の5つの約束はこちら⇒

Q.雨天時の交通事故は晴天時の何倍?2倍?5倍?それとも8倍?

6月に入り梅雨入りし、本格的な雨の季節がやってきました。

Q.雨天時の交通事故の件数は、晴天時の何倍になるでしょう?

①2倍
②5倍
③8倍

A.②5倍

雨天時は、視界の悪化やろめんが滑りやすくなるので、晴天時に比べ一層の注意を払って運転しなければなりません。

また、本来はひとつの動作に集中すべきところ、ワイパーを動かしたりなど、運転中の物理的な操作も増えます。

それらを念頭に置いて、安全運転を心がけましょう!

★Point 雨の日の運転の注意点

● 突然の雨 ・・・車内にタオルを準備しておく・トランクに傘を準備しておく

● 車窓のくもり ・・・くもり止めを使って、車窓をこまめに拭く。エアコンを使って、湿気を少なくする。

● 滑りやすい路面 ・・・車間距離を十分に取る・晴れの日より速度を落として運転する

──────────────────────────────────────────────────────────

▼年間4000人の方が健康と笑顔の生活を取り戻しています。
あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/

▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/えいます

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る