むち打ち症の種類と症状について

 

「むち打ち症」は、事故後数日してから、症状が現れることも多い!

「むち打ち症」は、おもに、自動車の追突・衝突などの交通事故によって首が損傷を受け、鞭のようにしなったために起こる症状を総称したもので、大きく分けて5タイプがあります。
(そもそもむち打ち症ってなに?と思った方は、こちらの記事をご覧ください ⇒

軽い事故で直ぐには自覚症状が出なかったり、直後の検査で異常が認められなくても、数日から一週間くらい経ってから症状が現れることが多いため、直接の原因が交通事故によるものと認識しないこともあります。

事故に遭ってしまって、下記の内容に近い症状が見られたら、直ぐに適切な治療をうけましょう。

頚椎捻挫型(けいついねんざがた)


頚椎の周りの筋肉や靭帯などのレントゲンには写らない、軟部組織が損傷されたもので、「むち打ち症」の中では最も多く、全体の70~80%を占めているといわれています。

首の捻挫により炎症を起こしたもので、首の周囲の筋肉や靭帯などが過度に伸ばされたか、断裂した状態です。

首を伸ばすと、首の後ろや肩の痛みが強くなり、また、首や肩の動きが制限されることもあります。

首を動かした時に痛みを感じたり、首や肩が動きにくくなる他、首・背中のコリ、頭痛、めまいなどが起こります。

根症状型(こんしょうじょうがた)

頚椎には7個の椎骨が連なっていますが、その中の脊髄からそれぞれの隙間を通って神経根という太い神経が出でおり、肩や腕などの末梢神経に伸びています。

追突などの外力でこの頚椎の並びに歪みが生じると、神経の通り道が狭くなり、頚椎から出る神経が圧迫されて様々な症状が出ます。首の痛みのほか、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛みや顔面痛などが現れます

バレ・リュー症状型(ばれ・りゅーしょうじょうがた)

頚椎に沿って走っている後部交感神経が損傷し、頚椎動脈が収縮して、脳脊髄への血流が低下し、その結果、交感神経が過度に緊張して自律神経のバランスが崩れて、様々な症状を引き起こします。

最も多い症状が頭痛、特に後頭部の痛みです。

首の痛みよりも頭痛から始まった場合、このバレ・リュー症候群が疑われます。

脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた)

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されたりしたものです。いわゆる脊髄損傷のことで、「むち打ち症」の中でも重症の部類に入ります。

下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。

また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなることもあります

脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)

以上の4つのタイプの他に、何らかの衝撃で髄液が漏れる「脳脊髄液減少症」という症状があります。

この症状については、「脳脊髄液減少症をご存知ですか?」 にて詳しくご紹介いたします。

交通事故の直後は、興奮状態のため、体の痛みが感じにくくなっているものです。
もし、交通事故に遭ってしまってしばらくしてから、体の痛みが現れた場合は、必ずお近くの医療機関を受診するようにしましょう。

こちらの記事 ⇒ でもご紹介していますが、むち打ち症をただの「捻挫」といって、適切な治療をしていない場合、痛みが長引いたり、後遺症が残ったりしてしまいます。

もし、痛みでお悩みでしたら、お近くの(社)むち打ち治療協会の認定院に、お電話にてご相談ください。

──────────────────────────────────────────────────────────

▼年間4000人の方が健康と笑顔の生活を取り戻しています。
あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/

▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る