むち打ち症の後遺症を残さない為に、あなたができること

 

むち打ち症の後遺症を残さないために、あなたができること

回復しかけの方は、痛みがだいぶ楽になったことで完治したと勘違いしてしまい、自己判断で、通院を止めてしまう方がいらっしゃいます。

しかし、むち打ち症のような症状は、中途半端な状態で手当てを止めてしまうと、慢性の肩こりや頭痛、眼精疲労などの後遺症として残ったりしやすいのです。

忙しい中、時間をやりくりして通院することは確かに大変なことです。
だからといって、自己診断で通院を止めてしまうことは、決してお奨めできることではありません。

通院のための時間は、「できる」ものでなく自分で「作るもの」

実は、通院が出来ないことの言い訳として、「忙しくて通えませんでした」とか、「そのうち、通う時間ができたら」と言われる方がよくいらっしゃいます。

しかし、治療のための時間は「できる」ものではなく、自分で積極的に「作る」ものなのです。

仕事を優先するあまり、通院を怠ってしまって体が治らなかった時、会社はあなたを助けてくれるでしょうか?

体が健康でありさえすれば、お金は後からでも稼ぐことはできますが、健康も仕事も失ってしまっては、元も子もありません。

目先の忙しさを優先するのではなく、あなた自身の生涯の健康を最優先事項として考えましょう。

補償を受けながら治療が受けられる時に、きちんと体を回復することを第一優先とするか、だましだましで体に無理をさせてしまい、生涯の持病にしてしまうかは、あなた自身の判断次第です。

今の自分を大切にすることが、自分の未来と家族の幸せに繋がる

体が健康であればお金を稼ぐことはできますが、その健康は決してお金で買うことはできません。

そして、その健康、その体は他の誰のものでもなく、自分自身のものなのです。

交通事故に遭ってしまってむち打ち症になってしまうことは、一般的に考えれば、自分の一生に一度あるかないかの大きな出来事です。

そんなケガをした時くらい、自分を大切に労わってあげて下さい。
今の自分を大切にすることが、未来の自分と家族を幸せにすることに繋がります。

家族や職場の上司には、事故に遭ってしまったことを伝える

実は、交通事故に遭ってしまった際には、家族や職場の上司にしっかりと伝えておくことも、後遺症に残さないためのポイントです。

特に、職場の上司には、交通事故に遭ったらまず報告するようにすることは重要です。

例えば、交通事故後の処理で、警察に出頭する必要に迫られたり、損保会社の担当者さんとのやりとり、通院のために日中時間を割かなければならないことも出てくるでしょう。

また、怪我の事を仕事関係の周囲に報告していないと、目立った外傷のない怪我だけに、職務怠慢や仮病に思われたりして不利な状況に陥ることになってしまいます。

交通事故の後の、さまざまな手続きや治療のための通院など、仕事に支障が出ることに悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

しかし、仕事を優先してしまうと、かえって治癒まで長引かせてしまい、かえって悪循環になってしまいます。
悪循環を避けるためにも、早めに上司や同僚に報告・相談し、行動しやすい環境を作っておきましょう。

詳細は、「むち打ち症を治すために、職場とのコミュニケーションをしっかりとろう!」にてご紹介致します。

──────────────────────────────────────────────────────────

▼年間4000人の方が健康と笑顔の生活を取り戻しています。
あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/
▼患者様からのお問い合わせフォームはこちらから
http://mutiuti.jp/form/goikenUser/form.cgi
▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る