(社)むち打ち治療協会認定院でどのような施術や検査をおこなっているの?

 

むち打ち治療協会の認定院で行なわれている施術

むち打ち治療協会認定の接骨院・整骨院では、実際にどのようなステップで施術や検査を行なっているのでしょうか?
また、どんな部分に重点をおいて患者さんに対応しているのでしょうか?
治療院によって細部は異なりますが、具体的にご紹介しますので、ご自身が治療院に行く際の参考にして下さい。

問診で、患者さんとのコミュニケーションを図る

まず接骨院・整骨院の施術では、問診・視診・触診が行われます。

このうちの最初の問診は、患者さんと治療家とのコミュニケーションの場と考えて下さい。
患者さんが緊張されないように、どの治療院でもスタッフの人たちが笑顔で迎えてくれます。

そして、事故に遭った時の状況や現在の症状、体調などについて具体的に話して下さい。

自分では「こんな些細なことを」と思っても、診察の上では大きなヒントになることもありますので、できるだけ詳しく話して下さい。

035373

問診を受けるために、ケガの状況をきちんと把握しておこう

特にむち打ち症などで診察を受ける場合は、事故に遭った時の状況を尋ねられますので、事前にきちんと思い出して整理しておいて下さい。

そして、具体的に痛む場所がどこなのか、また痛みの具合はどうなのかなどについても確認しておきましょう。
さらに、ケガによる痛みの他、頭痛、目眩、吐き気、痺れなどの症状がある場合も、その状況をきちんと話せるように把握しておきましょう。

視診で、外見上の変化をチェックする

問診の次は視診です。文字通り治療家の目視によって患者さんの現在の体の状態を診ていきます。
患者さんの表情や姿勢、顔色、患部の腫れ具合など、外見上に表れている変化をチェックしていきます。
そのため、治療院に診察に行く時には、短パンやTシャツ・ジャージなどのように患部が出しやすく、できるだけ動きやすくて、体にフィットしたものを着用していくと良いでしょう。

触診で、体の状態を的確に判断する

そして触診では体全体を触って症状を確認して、ケガの根本原因を探っていきます。
この触診は、他の医療機関と比べて、接骨院・整骨院が最も得意としている部分です。
交通事故外傷の場合、病院や整形外科などでは、患者さんの「痛い所」つまり患部のみを触診します。
しかし、接骨院・整骨院では、患者さんが痛みを感じている部位だけでなく、そこにつながっている神経や筋肉、周辺部分も含めて触診して体の状態を的確に判断していきます。

279981

関節可動域(関節の動く範囲)の検査を行なう

首や肩や肘といった関節の動く範囲を検査します。筋肉の緊張や軟部組織の損傷がある場合、本来の可動域が変化します。
また、関節可動域は個人差が大きいため、患側(ケガをしている側)だけでなく、健側(ケガをしていない側)との比較をすることも行います。

握力や筋力の変化を検査する

握力等、筋力の変化を検査します。
これは、事故の直接的損傷や長期の固定、神経症状などにより筋力の低下がみられるため、どのくらい影響が出ているのか、初診の時に状態を確認します。
もちろん、利き手、利き足等により筋力の左右差はありますが、定期的に測定することで、筋力の変化や回復具合がわかる目安になります。
筋力を測定する「徒手筋力検査」では、0~5の6段階で評価します。
筋力が低下していれば神経に問題があると考えられ、低下していなければ、その支配領域の運動神経には伝達ロスがないと判断できます。

腱反射検査で中枢神経の異常を確認する

神経の状態が正常であれば、筋肉と骨の接合部分である腱を叩くと筋肉が収縮します。
この「腱反射」がなくなっていたり、低下していたりすれば、その部位から中枢神経への信号が途切れていることを意味し、末梢神経か神経根に損傷、あるいは圧迫があることを示唆するということになります。
また逆に、腱反射が亢進した場合は「病的反射」と呼び、中枢神経に何らかの異常があることを示しています。
反射の強さにも個人差があるため、この判断は左右差を調べることによって判断をしていきます。

患者さんの状態に合わせた独自の治療を行う

こうして見ていただいただけでも、接骨院や整骨院での施術が、病院や整形外科でのワンパターンのものとは違って、患者さん個々の状態に合わせて行なっていることがお解かりいただけたかと思います。
しかし、ここでご紹介した施術はどの治療院でも平均的に行われているものに過ぎません。
認定院の先生方は、日々施術に関して研究しておられるため、技術を持った柔道整復師になると、「○○式矯正法・○○式治療法」など自分の名前を冠した独自の治療法を実践している治療院もあります。
こうした治療院でのオーダーメイドの治療でむち打ち症を克服していただきたいと思います。──────────────────────────────────────────────────────────

▼年間4000人の方が健康と笑顔の生活を取り戻しています。
あなたのお近くの治療院の先生はこちらから検索!
http://www.mutiuti.jp/search/

▼患者様からのお問い合わせフォームはこちらから
http://mutiuti.jp/form/goikenUser/form.cgi

▼(社)むち打ち治療協会ホームページ
http://www.mutiuti.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る