交通事故治療は不正請求を行わない治療院で

皆さんは「不正請求」という言葉を耳にされたことはありますか?

現在、新聞の報道やテレビのニュースで、一部の心無い柔道整復師による「不正請求」が取り上げられる事があり、一度は耳にした事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

交通事故治療は不正請求を行わない治療院で

不正請求って何?

以下のような事例が「不正請求」にあたります。

【架空請求】
実際には来院していないのに、患者様が来院したことにして療養費を請求する

【過剰請求】
実際には施術を受けていない部位を水増しして療養費を請求する。
または、実際には来院していない日を、来院したことにして来院日数を水増しし、
療養費を請求する

一部柔道整復師によるこのような不正行為が、テレビや新聞に取り上げられることで、
現在、一般社会から柔道整復師業界の信頼が損なわれるという現象が起きています。
大変残念でなりません。

むち打ち治療協会認定院の先生は不正請求を行いません

(社)むち打ち治療協会へ入会している先生方は、入会前にきちんと面接を行い、
また入会後も「不正請求を行わない」という誓約書を提出しております。

また、不正請求の事実が発覚した場合は即刻退会という厳しい措置を取り、
社会的信頼にこたえています。

正しい知識をもった治療院で交通事故治療を受けましょう

交通事故によるむち打ち症の療養費請求に関しても、
不正請求を行っている治療院の話を聞きます。
その要因の1つに、一部の柔道整復師の知識不足が挙げられます。

正しい知識をもたない治療院で交通事故治療を受けると、
患者様自身が保険会社から過剰療養、過剰請求を疑われるという事が
起きかねません。

むち打ち治療協会は認定院に対し、交通事故治療に関する保険や法律の
知識の習得・指導を行っております。

むち打ち症で悩む患者様に最善のケアを受けていただくために


むち打ち治療協会は、むち打ち症で悩む患者様に早期に適切なケアを
受けて頂くために活動しております。私たちは、

■病院や整形外科での初期検査と定期的検査
■柔道整復師による患者様ひとりひとりに合わせた施術
■保険会社と柔道整復師、病院との密接なコミュニケーション

の3つがそろって初めて、患者様が安心して治療に専念できると考えております。
むち打ち治療協会の会員の先生方は、その3つをクリアし、
たくさんの患者様に健康と笑顔をプレゼントしております。
どうぞ安心して認定院をお選びください。

また、当協会では協会や会員の先生への質問やご相談を受け付けて
おります。

治療内容や方針、療養費に関する疑問やご質問等も受け付けて
おりますので、下記リンクよりお寄せください。

患者様、保険担当者様からのお問い合わせはこちらから
http://mutiuti.jp/wmta/patient/fusei.php#fusei_form

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る