交通事故・むち打ちについて 交通事故に関しての注意点、むち打ち症の症例について説明します。

トップ > 交通事故・むち打ちについて > 交通事故治療Q&A
交通事故治療Q&A

接骨院(整骨院)でも交通事故の怪我の治療ができますか?

はい、出来ます。接骨院(整骨院)の先生は柔道整復師という国家資格を有しており、保険の取扱いを認められています。
当むち打ち治療協会の先生は、その中でも、むち打ち治療のスペシャリストです。安心して治療に専念してください。

病院(整形外科)と接骨院(整骨院)はどう違うのでしょうか?

交通事故治療に関して言えば、検査設備は病院(整形外科)が充実しているでしょう。
また、痛み止めの注射や、投薬が可能です。一方、治療は牽引や光線療法がメインとなり、特別にむち打ちの為の治療があるわけではありません。
接骨院(整骨院)は検査設備は有してないところがほとんどで、徒手検査が主になります。
その一方、治療を国家資格を有した先生自らが、手技による施術を行うため、一人一人の症状に合わせた治療が可能となります。
特に当むち打ち治療協会認定の先生方は、むち打ちに対する特別の知識を有した先生方ですので、症状の改善が明らかでしょう。

現在、他の病院(整形外科)で治療を受けていますが…

むち打ち治療協会の先生の所に転院は可能でしょうか?
はい、可能です。まず、お近くの先生のところにお電話下さい。
保険会社の担当者への連絡の方法等お教えします。
また、病院(整形外科)との併診も可能ですので、最善の方法を当むち打ち治療協会の先生とご相談ください。

現在、他の病院(整形外科)で治療を受けていますが…

首と手首が痛いのですが、首の治療しかしてくれません。転院したいのですが、どうしたらいいでしょうか?
まず、最寄りの当むち打ち治療協会の先生の所にお電話下さい。事故日から日があまり経過していなければ、追加して治療可能です。交通事故で痛めた所は、治療を受ける権利があります。
不安に思うことがあれば、まず電話でご相談ください。

事故現場で賠償金の話し合いをして書類を作成したのですが…

交通事故のことを早く処理して精神的に解放されたかったで、事故現場で賠償金の話し合いをして書類を作成しました。後から問題になることはあるのでしょうか?
事故現場では、それほどの怪我ではないと思ったが、あとから予想外の深刻な症状が出ることがあります。
その場合、事故現場で話し合いをした賠償金額では、治療費をまかなえなくなる恐れがあります。
一度賠償金に関する書類を作成してしまうと、後から追加の賠償金を請求することが原則できなくなるからです。例えば、事故現場では賠償金10万円で話し合いをしたが、後から予想外の症状が出て治療費に50万円かかってしまうケースもあります。

交通事故の後、警察の事情聴取がありましたが…

どう対応したらいいのかわかりません。アドバイスを御願いします。
警察の事情聴取により作成される交通事故実況見分調書、供述調書は、刑事責任、過失割合などを決める重要な資料ですが、後から変更することは非常に難しいです。簡単に署名捺印してはいけません。
ご自身の納得したものができるまで、警察官の方と話し合いをしてください。
警察官の対応に納得がいかない場合には、警察の監察官室などに御相談下さい。

交通事故で頚椎捻挫(むち打ち)と診断され…

病院に通院をしているのですが、なかなか良くなりません。どうしたらよいのでしょうか?
頚椎捻挫(むち打ち)の症状は、はっきりとした原因を見つけるのが難しい傷病です。
現在通院されている病院では、なかなか治療が難しいとお考えであれば、他の病院や接骨院へ通院されることをお勧めします。頚椎捻挫に専門的に取り組んでいる病院や接骨院もあります。
保険会社と相談のうえ、治療先を変更することもご検討下さい。

交通事故の処理は…

交通事故の処理は加害者の保険会社がしてくれるので、任せておけば安心だと思っています。これでは、駄目なのですか?
交通事故の処理は、保険会社の担当者の方の知識不足、お医者様の法律知識の不足などにより、適正な保険金が払われない場合、後遺症認定が不適正になされる場合があります。
交通事故の被害に遭われたかたは、交通事故の専門家に一度は御相談したほうがいいと思います。

交通事故の専門家に相談した方が良い場合とは、どのような交通事故ですか?

保険会社から送られてくる金額の書かれた書類に署名捺印する前には、交通事故の保険金が適正か判断してもらうために必ず一度御相談されたほうがよいです。
保険会社の担当者の方の中には、交通事故の知識が欠けている方が多くいます。
従って、間違った知識で被害者の方に受け答えをしている場合も多くあります。
そのような担当者の言われるがままに交通事故を処理してしまうと、後から大変なことになってしまうケースもあります。
また、交通事故に2回以上遭われてしまった方、主婦業をされている方、仕事中、仕事の通勤中に交通事故に遭われた方などは、金額の書かれた書類に署名捺印される前に、必ず御相談下さい。

「自分はきっと大丈夫」「なんとなく知識があるから平気」と思っていても、いざ交通事故に遭ってしまうとパニックになり、落ち着いて対処できない可能性もあります。
当協会では「交通事故に遭ってしまったら?」「むち打ち症について」「重要!交通事故の注意点」「交通事故治療Q&A」を1冊にまとめた小冊子を無料で配布しております。
また、お近くの「むち打ち治療協会認定院」でも差し上げております。

>>ダウンロードはこちらから

関連項目