交通事故・むち打ちについて 交通事故に関しての注意点、むち打ち症の症例について説明します。

トップ > 交通事故・むち打ちについて > もっと知りたいむち打ち症 > むち打ちに効果のある湿布ってあるの?

むち打ちに効果のある湿布ってあるの?

患者様から
「むち打ちに効果のある湿布ってあるの?」
「むち打ちは湿布で治るの?」
という質問を良く頂きます。

こちらではむち打ちと湿布について
解説していきます。

湿布にはそもそもどんな効果があるの?

湿布の主な効果は消炎鎮痛効果です。

消炎鎮痛効果とは
・赤くなる
・腫れる
・熱を持つ
・痛む
といった炎症を抑える作用のことです。

湿布薬の痛み止め成分は皮膚から局所に吸収されることによって作用します。

副作用もあります。
・皮膚に直接貼って使用するため、
皮膚が過敏な人は皮膚がかぶれることがあります。
・飲み薬と比較すると、胃への負担は少ないですが、
胃潰瘍などの病歴がある方は長期使用を避けましょう。
・喘息などのアレルギーがある方は使用に注意しましょう。

湿布で炎症を抑えても、ゆがみは治りません

むち打ち症は筋肉が傷ついて炎症が起こるということだけでなく、
首の骨の並び方・彎曲の仕方が追突などの衝撃により変化するという面もあり ます。

筋肉は骨から骨に着いていて機能しています。

骨の位置が変わると、筋肉が普通より引っ張られた状態になっていたり、
縮んだ状態になっていたりします。

湿布薬を貼るだけでは炎症は抑えられても、
骨のゆがみという根本的なところは治りません。

湿布は問題を先送りにしているだけ

むち打ちで痛みが出るから湿布薬を貼る。

そうすると、少しは楽になるから様子を見る。

長時間同じ姿勢をとっていたり負荷をかけたりすると痛みが出る。

また、湿布薬を貼るだけで放置すると、痛みが取れなくなる。

このように、湿布薬を貼ることで問題を先送りにしてしまうと
むち打ち症は回復しません。

むち打ちという外傷によって起こった背骨の歪みや、筋肉の滑走不全などの問題を、
同時に解決していく必要があります。

このあたりの問題の解決には様々な方法がありますが、
やはりプロフェッショナルの介入が必要となります。

施術と湿布薬を上手に使って辛い症状をできるだけ少なくしていく

結論として、湿布薬とは症状をその時だけ抑える作用であり、 湿布薬だけではむち打ち症は治りません。

しかし、その時の辛い症状はある程度抑えることができますので、
次回通院するまで、症状を抑えるためであれば、有効に活用することはできます。

施術と湿布薬を上手に使ってむち打ちの辛い症状をできるだけ少なくしていきましょう。
その場合、湿布薬の種類は様々なので、
自分の皮膚に負担の少ないものを選択することが大切です。

(参考:「むち打ち症を治療して健康と笑顔に
日だまり接骨院 加藤 伸幸先生よりご寄稿頂きました。)

あなたの街のむち打ち症のスペシャリストを探す
どうしてむち打ちの治療は「協会認定院」がおススメなの?
関連項目