交通事故・むち打ちについて 交通事故に関しての注意点、むち打ち症の症例について説明します。

トップ > 交通事故・むち打ちについて > もっと知りたいむち打ち症 > 認定院で行われる主なむち打ち治療の流れ

認定院で行われる主なむち打ち治療の流れ

むち打ち治療協会認定院の柔道整復師がどのような診療方法で、人間が本来持っている「自然治癒力」を引き出しながら、むち打ち症の改善に当っていくかを具体的にお話ししていきます。

自然治癒力で回復力を早める!

一般に、むち打ち症の痛みや症状は、事故が起きた時の衝撃の度合いの他、患者さんの年齢や体質などによって症状が現れる時期も異なり、痛みの感じ方や回復時期にも個人差があります。

そのため、認定院では、患者さん一人ひとりが違う状態(症状)であることを理解した上で、筋肉の損傷の程度を触診によって判断していきます。

専門家の触診で、筋肉組織の状態を診る

筋肉の損傷の程度を触診による判断は、治療家ならば誰もが判るというものではありません。

そこには、豊富な経験と実績によって養われた、一種の感覚というものがあります。

むち打ち症になった場合、筋肉の組織が壊れている状態になるので、触診をしながら、筋肉組織がどのくらい壊れているのか、また、神経がどれほど圧迫されているかなどを確認しながら、症状の重度、軽度をみていきます。

炎症期にはアイシングで、筋肉を冷やす

むち打ち症の多くは、首の周辺に炎症が起きていることが多いので、まず、アイシングで患部を冷やします。

アイシングは、筋肉を冷やすという働きがあるので、むち打ち症の初期症状には非常に有効な処置です。

実はこの初期段階で「冷やす」ということをしているか、していないかで、その後の施術期間はかなり変わってくることが多いのです。

また、炎症期には、首の状態も極力安静にすることが大原則となります。

手技で筋肉をほぐし、遠赤外線で患部を温める

炎症期を過ぎると次は筋肉組織が回復してくる時期です。

首や肩の筋肉をほぐしながら、炎症期に落ちてしまった筋力をストレッチなどによって、少しずつ元に戻していきます。また、血行促進を目的に手技で筋肉をほぐしたり、遠赤外線などで患部を温めます。 

この温めるという行為も、回復力を高めるポイントになります。 

体の細胞というのは、温めると組織の再生が速まるという特性があります。 そのため、自然治癒力を上げるためには、体温を上げることが必要となるのです。

昔から、捻挫や打ち身、むち打ち症などの施術に遠赤外線やマイクロ波などを使って温めているのは、こうした理由から行われています。 

腫れている時は筋肉をしっかり冷やしますが、腫れが引いたら次は温める。
このようにして、自然治癒力が向上していくよう、サポートしていきます。

痛みが和らいでも、完治したわけではありません!

この段階までくると、これまでには小さな動作一つで激痛が走っていた首も、
かなり楽になってきます。

人によっては自己判断で完治したと思って、通院を止めてしまう方もいらっしゃいます。

しかし、この自己判断は大変危険です。

この段階で油断して、症状を悪化させてしまう方もかなり多いのです。
つい無理をしてしまったり、今まで気を使いながら制限してきた首の動きが無防備になり、
再び筋肉組織に炎症が起きてしまうことがあります。

この状態をかさぶたに例えて説明すると、かさぶたになったところを剥がしてしまい、
患部が再び出血したという状態です。 傷口を早く治すには、かさぶたができ、自然に剥がれ落ちるのを待つという時間が必要です。

あなたの街のむち打ち症のスペシャリストを探す
どうしてむち打ちの治療は「協会認定院」がおススメなの?
関連項目